LCCに乗り遅れそうな場合の対処方法

LCCに乗り遅れた場合

LCCは格安航空券でフライトできる航空会社です。格安料金は、従来型のサービスを簡素化したり、一部を有料化したり、また人件費や運航のコストをカットしてその分を運賃に反映させています。ここで注意したいのが、運航コストのカットのために乗り遅れる乗客を待たない会社が多いということです。

LCCはいわゆるピストン運行をして、しかも空港での滞在時間を短くして空港使用料をカットしています。そのため、乗り遅れる乗客を待たずに、飛び立っていきます。

東京から那覇などの国内便ではフライトの30分前が予約便のチェックインのリミットです。ここに遅れたら飛行機は利用不可です。もし乗り遅れそうなら、まず予約したLCCの遅延情報を確認するようにしましょう。lccについても大手と同様、航空会社の責任でフライトが遅れた場合には次の便に振り替えてもらえるケースがあるからです。

実際に乗り遅れそうな場合の対処法

飛行機の遅延というのは大手ではあまり可能性は高くありませんが、LCCでは良くあります。諦める前にまず遅延情報を確認しましょう。そのためには事前にスマホなどにブックマークしておくなどの対処が必要です。

空港の受付に間に合わなかったり、遅延情報もなかったりする場合にはウェブチェックインという方法も考えられますが、旅行先その場ではあまり意味がないかもしれません。というのはウェブチェックインは、預ける手荷物がないこと、また航空券を事前にプリントアウトしていることが条件だからです。自宅から空港に行くにあたってはプリントアウトもできますが、旅行先でそういうことをする人はあまりいないでしょう。スマホなどを使ってウェブチェックインは可能ですが、印刷する環境がなければ意味がありません。

遅延情報もなく、まどぐちに行ってうけつけするにも時間がなく間に合わないという場合には、予定の便には乗れない可能性が高いです。それでも諦める前に空港カウンターまで行ってみましょう。会社によっては、その時の航空便の状況によって救済措置を用意してくれることがあります。

実際に、時間には間に合わなかったが、出発時間の直前に空港に到着して相談のうえで手数料を支払うことで次の便に振り替えしてもらったという例もあります。空港の近くまで来たのなら、諦めずに掛け合ってみましょう。LCCは時間厳守が原則ですが、近年では顧客サービスがアップしており、便宜を図ってくれる可能性があります。また、LCC利用では手荷物を最小限に抑えるのは基本です。荷物は少なめにしましょう。