沖縄旅行でLCCを利用する際の注意点いろいろ

__www-pakutaso-com_shared_img_thumb_mimiyako85_namitosunahama20140726

理想の沖縄旅行へ格安航空券を利用する

pic-1-7
沖縄は日本でありながら、海外旅行に行くくらいに満足度の高いリゾート地として定着しています。
関東でも関西でも、また九州でも「行きたい旅行地」としてトップに挙げられることの多い場所です。そのため航空会社のほとんどは沖縄路線を持っていますし、格安航空会社であるLCCも那覇路線を対応しています。

LCCというと、料金の安さが一番の魅力ですが、安いだけに乗客側にも色々な制約があることは覚えておきましょう。今までJALやANAといった大手の航空会社しか利用してない人にとっては、違いに驚きもあります。慣れればたいした問題にはなりません。

LCCの荷物につてい

mars-25
まず覚えておきたいのは、ほとんどのLCCでは基本料金に荷物を預ける料金がふくみません。手荷物は機内の収容ボックスに入れられる程度のものしか持ち込めません。それ以外の荷物を預けるには利用料金がかかります。沖縄に長期旅行をするという人は荷物も大きくなりますから、この点はしっかりわきまえておく必要があります。また、利用料金ですが、預ける場合にはオンライン予約にしておきます。

空港で申し込みして預けると料金が高くなります。事前にどの程度の荷物になるのかをしっかりチェックしておきましょう。また、機内食や飲み物が有料です。機内には毛布や映画なども用意されていますが、これもすべて有料です。あらかじめどの程度の料金がかかるのか調べておきましょう。どのLCCでも機内サービスにかかる料金は公式サイトに記載されています。良く確認してから利用しましょう。

欠航について知っておこう

那覇へのフライトで注意したいのは欠航です。天候次第では成田から那覇への便が欠航になる可能性が高いです。機材の故障によっても欠航になります。大手の航空会社であれば、たとえば機材の故障による欠航であった場合には他社便への振り替えも対応していますし、次の日になったときには宿泊代や食事代などを航空会社が負担してくれますが、LCCでは欠航が責任であっても、翌日以降の空いているフライトにしか振り替えしてくれません。ホテル代などはすべて自己負担です。また、LCC利用で最も注意すべき点かもしれませんが、LCCは搭乗時間に厳しいです。

LCCは飛行機を1日におうふくさせ、しかも空港での滞在時間を短くして削減されます。そのため、搭乗時間には当然厳しくなります。特にジェットスターは時間厳守です。まだ乗っていない客がいても置き去りにして飛び立ちますので、注意しましょう。

Follow me!